ディスクロージャーポリシー

基本方針

当社は、情報開示を重要な経営課題の一つとして位置付け、株主をはじめとするあらゆるステークホルダーから理解を得るために適切な情報開示を行います。
当社は、会社法、金融商品取引法その他の適用ある法令、および名古屋証券取引所の定める適時開示規則に従い、公正かつ正確な情報開示を行います。
上記に該当しない情報であっても、ステークホルダーにとって重要と判断される情報について、非財務情報も含め主体的開示を行います。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報については、同規則に従い、TDnet(適時開示情報閲覧システム)にて公開します。
原則、TDnetにて公開した後、速やかに当社IRサイト上にも同一情報を掲載します。また、それ以外の情報についても、当社の情報開示の基準に則り、資料配布または当社IRサイトへの掲載等適切な方法により積極的且つ公正な開示を行います。

将来の見通しについて

当社が開示する情報のうち、過去の事実以外のものは、公表時点で入手可能な情報に基づき当社が合理的であると判断した将来の見通しであり、実際の業績は経済情勢、市場動向、税制や諸制度の変更等種々の不確定要因やリスクにより、大きく変動する可能性があります。

沈黙期間

当社は、決算情報(四半期決算含む)の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、各決算期末日の翌日から当該決算発表日までを「沈黙期間」としています。沈黙期間中は、決算・業績情報に関する質問等への回答やコメントは差し控えさせていただきます。
ただし、沈黙期間中に当初の予想と業績見込に大きな乖離が生じた場合や、開示すべき重要事実が発生した場合には、適時開示規則および当社の情報開示の基準に則り、速やかに開示を行います。

IR情報
最新IR資料ダウンロード

    IRページランキング
    2017年9月1日~30日
    1. IRニュース
    2. IRライブラリ
    3. 決算説明会資料
    4. 配当情報と株主優待制度
    5. 決算短信